ビフィズス菌基礎知識

ビフィズス菌の腸内での役割をやさしく噛み砕いて説明すれば、便秘の原因となる悪玉菌をやっつける「正義の味方」なる比喩が1番分かりやすいかと思われます。腸内に於ける過剰な悪玉菌の増殖は、元来随時体外に排出されるべき便の停留に繋がるのみならず、腸内の元来の働きそのものの鈍化を招き、全身の健康状態への悪影響も否めません。便は元来体内に残り続けてはならない不純物の塊ですから、それも当然です。

読んで字の如き「悪玉菌」なる悪しき存在を対峙するのが、善玉菌と称されるビフィズス菌ですが、当然この菌が腸内で十分な活躍を見せるには、エネルギーとなる栄養素の補給が欠かせません。オリゴ糖は口からの摂取に際しても、胃や小腸内で消化から消えてしまわず大腸内へと運ばれる特性を有する物質です。正義の味方であるビフィズス菌にとってオリゴ糖は大好物のご馳走であり、オリゴ糖を十分に摂取から大腸に供給する事を通じ、ビフィズス菌が最大限活躍可能な腸内環境を整える事が大切です。

多くの方々がオリゴ糖とビフィズス菌が同一あるいは関連物質であり、各々が便秘改善に直接的な働きを見せると解釈されている向きが見られますが、これは厳密に言えば間違った知識です。